講座内容

講座内容

対面講座の様子

PCSSは、毎週一回90分です。

前半講座(対面) (月,火,水,木,金)16:30~18:00
後半講座(対面)(月,火,水,金)18:30~20:00


前半・後半の時間から選べるので、大学の授業と被る心配はありません。
講座は1回90分で行われます。これは大学の講義の1コマ(二時限分)と同じです。

基本的に年間を前期と後期で分け、年間を通して14回の講座を行います。
夏季休暇や冬期休暇の長期休暇中の講座はありません!

今年の講座は対面講座のみ実施します。対面講座では大学構内の教室で講義を行います。また、TeamsでPCSSのグループを作り、そこで各週の講座連絡などを行います。

講座では「講師」と呼ばれるサポーターがスライドを使って進行します。
話を聞くばかりではなく、パソコンを使って実際に作業を行うグループワークの時間を設けています。

グループワーク中は10人程度の受講生で、作業を行い、
各グループにGA(グループアドバイザー)と呼ばれる学生サポーターが担当としてつきます。

GAはグループワークを先導しつつ、機能の紹介やプラスアルファを教えていきます。
わからないことがあれば、気軽に担当のGAに聞いてください。
講座外の時間でも、Teamsのチャットでパソコンに関することならば何でも対応します!

なお、講座を受けるグループは様々な学部の方でランダムに組まれており、
大学の授業では中々会うことのできない学部の生徒と交流できることに魅力を感じる受講生もいるようです。

講座の最期にはタイピングの練習をして講座をしめています。
グループ毎で競い合って、楽しく練習できるようになっています。

また、ナレローというツールを使い、officeの機能面での復習ができるようになっています。

通常講座以外のサポート体制

通常講座に出席できなかったときもご心配ありません!

振替講座、補講があります。

振替講座

ほかの曜日の講座に振替することができます。担当GAに連絡してもらえれば、スムーズに振替講座を受けることができます。

補講

振替講座も受けられそうにないときは、平日の4コマもしくは5コマの時間に個別の講座を受けることができます。それが補講です。

マンツーマン・少人数の講座になりますが、受けられなかったぶんの講座をしっかりと受けることができます!

おもな講座内容

まず、基本的なPCの使い方を学んだあと、大学生活で必須の能力であるWordの内容を扱います。

レポートを効率的に作るためのスキルを学ぶと同時に、
社会人になってからでも使えるような応用的な内容も学んでいきます。

同じく必須の内容はexcelです。

理系文系問わず使うexcelの基本的な内容から、大量のデータを扱うときのスキルまで応用的に学んでいきます。

そしてPowerPointも外せません。

大学生になるとPowerPointを用いたプレゼンの機会が増えていきます。その際に生かせるよう、PowerPointでのプレゼン資料の作成だけではなくプレゼンのスキルも兼ね備えられるような講座を受けられます。

そのほか、生協で取り扱っているPCであるMicrosoftのsurfaceのデバイス的な使い方や、OneNoteなどの内容も含みます。