ごあいさつ

企業理念:パソコン活用の提供を通じて、広島大学生の活動の可能性を広げることに寄与します

PCSSの目標は以下の三つです。

 ① 受講生がパソコンを使うことに対する苦手意識を克服する
 ② 受講生が大学生活で求められる知識・技術を取得する
 ③ 受講生が必要に応じて解決策を自ら探すことができるようになる

マネージャー部署より

こんにちは!PCSSのマネージャー部署です。
この度はPCSSのサポーター募集ページにアクセスしていただき、ありがとうございます。

生協PCSSとは、
新入生約700人を対象とした大学生協の行っている1年間のパソコン講座です。

学生全体の将来を支援するという理念のもと、講座を提供しています。

私たち、学⽣サポーターは講座の内容決定、スライド作成、講座の運営などを⾏っています。そして、それらの業務は我々、学⽣サポーターに任されています。そのため、PCSSサポーターは、⼀つの事業を運営する⽴場として、責任感を持って取り組んでいます。

パソコンについてあまり詳しくないという方も、心配はいりません。

最初からできていたサポーターはほとんどいません。多くのサポーターが、研修を通してパソコンのスキルはもちろん、コーチング能⼒や傾聴⼒、コミュニケーション能⼒、会議の進め⽅など、サポーターとして必要な⼒を⾝に着けていきます。
そのため、PCSSではサポーター⾃⾝も講座の運営を通して⼤きく成⻑することができる場となっています。同じサポーター同⼠で切磋琢磨したり、先輩サポーターからアドバイスを貰ったりと、同じ⽬的を持った学⽣サポーターとの交流はきっと有意義な体験になると思います。

今から役つスキルが、向上さえあればどんどんに付きます。 PCSSは頑張るあなたにとっての最の経験を提供します。

PCSSサポーターの⼀員として、私たちと⼀緒に働いてみませんか?

担当職員から

こんにちは、広島大学生協PC総合セミナー担当職員です。PC総合セミナーは2009年度の事業開始から今年度で11年目になり、これまでに5,000名以上の受講生を輩出してきました。これはサポーターである先輩学生が受講生のためにできることを常に考え、実践してきた結果だと考えています。講座内容の検討や講座の運営はもちろん、講座を行うための対策検討や事前ミーティング、サポーターへの研修など、事業運営のほぼすべてを学生サポーターの皆さんにお任せしています。よって学生サポーターの皆さん自身がこの事業の原動力となっています。

PC総合セミナーは一つの事業なので、事業であるがゆえに難しいこともあると思います。しかし、これまで学生サポーター全員でそれを乗り越えてきたがゆえの上記の結果なので、広大生の皆さんにできないことではないため、恐れることはありません。そして、このPC総合セミナーという事業が発展した結果、それに比例して皆さんの成長につながっていきます。また、事業の発展は学生サポーターの皆さんの成長あってこそですので、様々な取り組みや機会提供も可能な限り行っています。

ぜひ広大生がPCなどで困らず、かつ使いこなせるために、そして自身の成長のために、PC総合セミナーという事業を一緒に盛り上げていきましょう!

<<<前ページ「新規サポーター募集」  次ページ「業務内容」>>>